皇室ウイークリー

(番外編)葉山や那須だけではなかった 戦前に数多くあった皇室の御用邸は今…

 このほか、神奈川・小田原城内には小田原御用邸(昭和5年廃止)があったという。

「幻の御用邸」

 さらに、皇族の御殿として使用されていた「御用邸」もあった。東京都港区高輪にあった高輪南町御用邸は朝香宮孚彦(たかひこ)王の住まいだった。JR品川駅西側にある跡地には、ホテルパシフィック東京がある。

 実は現在、東京都渋谷区東にある常陸宮邸の正式名称は「常盤松御用邸」だ。こちらも静養のための施設ではなく、常陸宮ご夫妻がお住まいとして使用されている。

 ちなみに幻の御用邸を知る人は多くないだろう。神奈川県三浦市の三戸浜海岸の近くに、地元で「御用邸道路」と呼ばれている道がある。昭和天皇の趣味だった生物研究の基地として、海浜の御用邸「初声御用邸」の造営が計画されたが、昭和4年、世界恐慌が始まり計画が延期となり、経済不況と戦争などで立ち消えになった経緯がある。御用邸道路の通称は、その名残である。

会員限定記事会員サービス詳細