ビジネスの裏側

韓国のカリスマも認めたメード・イン・ジャパンのスゴ技…タカラベルモントが目指す世界制覇

【ビジネスの裏側】韓国のカリスマも認めたメード・イン・ジャパンのスゴ技…タカラベルモントが目指す世界制覇
【ビジネスの裏側】韓国のカリスマも認めたメード・イン・ジャパンのスゴ技…タカラベルモントが目指す世界制覇
その他の写真を見る (1/5枚)

 理美容室の機器やシャンプー類などを幅広く手掛ける「美」の総合メーカー、タカラベルモント(大阪市中央区)が、海外展開を加速させている。とくに理美容室用の椅子(いす)の販売に力を入れており、お隣の韓国では高級サロンの代名詞ともいえるブランドに育ったヒット製品も登場している。世界の理美容業界でメード・イン・ジャパンが存在感を高めている。(栗井裕美子)

 ■極上の寝心地

 ソウル市内にある人気美容院「calm’s(カルムズ)」。シャンプー台では、数人が頭皮マッサージを受け、スタッフが慣れた手つきで両手を円を描くように動かしていた。

 この美容院の名物という頭皮のマッサージ「ヘッドスパ」。サロン院長、李相和さん(41)は約10年前からヘッドスパを始め、韓国ではヘッドスパのカリスマとして雑誌などで紹介されている。

 1回当たり約1万~1万2千円と他店のサービスと比べて割高だが、月2回通う常連客の中学教諭の女性(35)は「すごく気持ちがよくていつも寝てしまう。頭痛がなくなるし、髪にも良い」と満足げだ。

 李さんによると、店の売り上げはヘッドスパの導入前に比べて約1・5倍に増えた。その約3割がヘッドスパの利用によるものという。李さんは「客単価が上がった。椅子に腰掛けて作業ができるのでスタッフからの反応もいい。確かに椅子は高価だったが、見合った価値がある」と話す。

 ■世界初でブランド力

 このヘッドスパは、タカラベルモントが美容院用の椅子「YUME(ユメ)」シリーズなどの開発とともに提案した新サービスだ。椅子には長時間寝ても客の首が疲れないよう設計し、シャンプー台を大きくすることでマッサージができるようにした。心地よさに感動した韓国の芸能人が「ユメのないところには行かない」と理美容機器のイベントで発言し、注目度が上がったといわれる。