日中外相会談

中国「南シナ海」介入回避に腐心 会談開催要請に王外相は「日本の行動みてみたい」と回答留保

 【北京=矢板明夫】北京では30日、李克強首相と楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)国務委員、王毅外相の3人が岸田文雄外相と会談した。日中関係の改善に意欲を示した岸田外相に対し、中国側はその主張に同意しつつも、首脳会談の開催などについて慎重な姿勢を崩さなかった。歴史問題をめぐる安倍政権の今後の対応や、日本が南シナ海問題にどこまで介入するかを見極める思惑とみられる。

 李首相はこの日の会談で、「中日関係に改善の兆しはあるが、その基盤はまだ確固たるものではない」と強調した。発言の真意について、中国の国際問題専門家は「南シナ海と歴史問題で中国を刺激するような行動を取らないよう暗に求めている」と分析した。

 さらに鮮明な姿勢を示したのが王外相だ。「日中両国は大事な隣国であり、外相会談をもっと頻繁に開催するような関係に戻したい」と述べた岸田外相に対し、王外相は「聴其言、観其行」(言葉を聞き、振る舞いを見極める)という中国古来のことわざを引用し、「日本側の実際の行動をみてみたい」と強調、回答を留保した。

 中国の外交関係者によると、中国の対日外交の重点は最近、尖閣諸島(沖縄県石垣市)や歴史認識の問題から、南シナ海問題にシフトしつつあるという。