日本列島災害実録

英船ノルマントン号の沈没(上)白人船長らはなぜ日本人乗客25人を見捨てたのか…

「英国汽船ノルマントン号の沈没したることはすでに前号に掲載せしが、今その詳報を聞くに同船は横浜居留地36番館アダムソンベル汽船会社の持ち船なるが、10月23日午後6時神戸へ向け横浜を出航した。同25日、紀州大島沖を通航の際、東風烈しく霧に航路を誤りて暗礁へ乗り上げたれば船体ことごとく破壊しついに沈没したる」

そして人的、物的被害の説明が続く。

「同船乗り組み中の船長以下水夫26人は助命したるが乗客、中山キン(横浜)、竹内フク(東京)、中村錦太郎(東京)…の25名は溺死せり。また、同船の積み荷はニューヨーク行きの製茶314トン、上海行きの海産物ほか雑貨6370トン、神戸行き雑貨14箱、牝牛2頭なる」

会員限定記事会員サービス詳細