サンダーバードがイノシシと衝突、ダイヤ乱れ…160人が大阪・米原駅「列車ホテル」で一夜 

 28日午後7時20分ごろ、福井県あわら市内のJR北陸線で、金沢発大阪行き特急「サンダーバード」(12両編成)がイノシシと衝突、現場で約3時間停車した。このため上下線で計3本が運休、計28本が最大約3時間10分遅れ、約9千人に影響。乗客約600人にけがはなかった。

 この列車の乗客は同市内の芦原温泉駅で別の列車に乗り換えた。ダイヤの乱れによって乗り継ぎができなくなった後続列車の乗客のため、JR西日本は大阪駅と米原駅でサンダーバード型の車両(9両編成)を「列車ホテル」として29日の早朝まで開放。大阪駅では約90人、米原駅では約70人が車内に宿泊した。

会員限定記事会員サービス詳細