オリンピズム

スポーツに高潔を求めて(1) 不祥事続くオリンピック 今こそ「ストレンジが伝えた精神」を考えてみては

 ストレンジの思いと重なる。底流にあるのは英国流のスポーツマンシップである。クーベルタンもまたイートン、ハローといったパブリックスクールのスポーツ教育からオリンピックのヒントを得ていた。

 日本には早い時期、ストレンジによって「スポーツマンシップ」が移植された。古来の武士道精神と結び、高潔性を尊ぶスポーツ精神の源流となる。

 しかし、没後125年余り、高潔さとは裏腹の不祥事が続く。今一度、ストレンジが伝えた精神を考えてみるときだと思う。=敬称略(特別記者 佐野慎輔)

会員限定記事会員サービス詳細