チェルノブイリ原発事故30年

隠蔽され、いまも続く兵士ら80万人の「地獄」…線量計なく手で除去

 同氏らは改善を要求しているが、政府からの反応は極めて乏しいという。

【用語解説】リクビダートル

 事故発生から1990年前後まで旧ソ連全土から約80万人が招集された。60万人程度が兵士(予備役含む)で、そのほか、消防士や炭鉱夫、学者らが参加。チェルノブイリ同盟によると、人口維持のため、ソ連政府は当初、25~45歳の子供がいる家庭の父親を招集対象にしたが、危険性が知られるにつれ、拒否者が続出したという。

会員限定記事会員サービス詳細