【産経抄】めざせ、親子鷹! 故山本功児氏が夢見たのは… 4月25日(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

産経抄

めざせ、親子鷹! 故山本功児氏が夢見たのは… 4月25日

 米大リーグでは、しばしば「ジュニア」の名のつく名選手を見かける。日本のプロ野球でも、2世選手は多く生まれてきた。ただし、親子そろってスター選手となると、思い浮かばない。なぜか。

 ▼「子供と一緒にすごす時間が少ないことが原因なのではないか」。元プロ野球ロッテ監督の山本功児さんは、東京スポーツ紙の連載コラムに書いていた。家族と過ごす時間を大切にするメジャーリーガーに比べて、プロ野球選手は、オフシーズンでも忙しすぎるというのだ。

 ▼山本さんは、平成17年に巨人コーチを退任した後、球界から遠ざかる。野球選手をめざす長男の成長をそばで見守りたかったからだ。心臓を患って医師からペースメーカーを勧められても、断った。息子の打撃練習のための、トスが上げられなくなる。これが理由だった。

 ▼福岡県の九州国際大付属高校に進学した息子は、慣れない寮生活のために体重を15キロも落としてしまった。山本さん夫婦は、迷わず神奈川県から九州への引っ越しを決める。そんな苦労が、実を結びつつあった。