経済インサイド

担当記者さえ解釈に迷う「日銀文学」を読み解く 「基調としては」「弱含んでいる」が意味するものは?

 「日銀に確認すればいい」と思う読者は多いかもしれないが、内閣府の月例経済報告と違って、日銀は景気判断の表現を変更しても「上方修正とか下方修正とかは言及しない」(幹部)スタンスだ。

 「新興国経済の減速の影響がはっきりしてきたので、若干の修正になっている」

 3月の会合終了後の記者会見で、景気判断の真意を問われた黒田東彦総裁はこう説明した。

 とくに、「緩やかな回復を続けている」というフレーズの前に「基調としては」という言葉を加えたことに大きな意味がある。

 ある幹部は「日銀文学と揶揄されるかもしれないが、よくないことが足元で起きていることを彷彿(ほうふつ)とさせる表現」と説明する。分かったようで、今ひとつはっきりせず、煙に巻かれた印象も残る。

 関係者は「日銀が『基調としては』という言葉を使う場合、伝統的に景気判断を慎重化させたということ」と打ち明ける。

会員限定記事会員サービス詳細