政治デスクノート

震災を政治利用しようとする政治家に「満身の怒りを持って抗議する」

 野党だけではない。与党にもひとこと。

 2度の震度7の地震を経た週明けの18日。衆院では環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関する特別委員会の質疑が行われた。安倍晋三首相も出席し、NHKでも生中継された。

 しかし、これ、やる必要があったのか。この時点で9人の安否が分からず、9万人以上の避難者がいた。TPP法案の重要性はともかく、NHK中継を見ていると、被災地と永田町の温度差ばかりが浮き彫りになっていた。

 どうか、永田町の先生方には、熊本・大分の人たちへの想像力を持ってほしいと強く願います。

(政治部次長 船津寛)

会員限定記事会員サービス詳細