「あほ」発言・足立康史氏の質疑詳報 おおさか維新の最終兵器が陳謝(1/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

「あほ」発言・足立康史氏の質疑詳報 おおさか維新の最終兵器が陳謝

おおさか維新の会の足立康史衆院議員(斎藤良雄撮影)
おおさか維新の会の足立康史衆院議員(斎藤良雄撮影)

 衆院総務委員会で民進党を「あほ」などと罵倒して、同党から懲罰動議を提出されたおおさか維新の会の足立康史衆院議員が22日、国会内で「不快な思いをされた方々には改めておわびを申し上げたい」と陳謝した。記者団との質疑応答は次の通り。

 --懲罰動議を出された受け止めを

 「昨日の総務委の私の質疑について、品を欠いた部分、あるいは礼を失した部分があったことについては、その場でもおわびをし、訂正をし、削除をしているところだが、改めて不快な思いをされた方々にはおわびを申し上げたい」

 --発言の真意を

 「被災地で頑張っている被災者の方々、消防、警察、自衛隊の皆様、中央と地方の両政府が、日本中の方々が被災地支援に頑張っている中で、国会があまり政府の取り組みにいろいろ言うのは、足を引っ張ることになるのではないかという趣旨。昨日、委員会で申し上げた通りだ。

 懲罰の話もあるが、私自身、先ほど申し上げたように礼を失したところがあったと思う。今後、今国会中は質問に立つことは控えたい。私から党にそう申し上げている。