熊本地震

北九州「M8」の真偽 台湾の「地震研究所」が予測

 NHKの「生活・防災」ツイッターは20日、以下のように書き込んだ。

 《「『22日にすごい地震が起きる』『北九州にM8の地震が来る』のは本当ですか?」といった質問が増えています。現代の科学では時間や場所を具体的に特定する地震予知は確立されていません。日本はどの地域でも地震への備えが必要ですが、あやふやな情報にはくれぐれもご注意下さい》

 台湾の研究所のブログを念頭に置いているのは明らかだろう。

 専門家はどう見るのか。20日まで大分県に入っていた京都大学防災研究所の西村卓也准教授(地震学)は「不安をあおるような怪情報だ。現在の科学で『絶対ない』とも否定できるわけではないが、逆に『来る』などと確証を持って言うこともできない」と、夕刊フジの取材に答えた。

 さらに、「九州の人々が不安がっている時に、こういう情報を流すのはやめてほしい。いずれ、日時、場所、規模を正確に予想できたらいいとは思っているが、現在の科学ではまだできない。これが『できる』というのは、詐欺まがいだ」と語っている。

会員限定記事会員サービス詳細