熊本地震

北九州「M8」の真偽 台湾の「地震研究所」が予測

大きな被害を出した熊本地震。混乱の最中に出された地震予測は当たるのか(本社ヘリから)
大きな被害を出した熊本地震。混乱の最中に出された地震予測は当たるのか(本社ヘリから)

 「22日までに福岡県北九州市でマグニチュード(M)8の地震が起きる」といった衝撃的な情報がインターネット上に流れ、大騒ぎになっている。台湾の研究所が発信したものだが、多数の死傷者を出した熊本地震の直後だけに「怖い」「本当か」「デマだ」などと、さまざまな意見が飛び交っている。(夕刊フジ)

 情報の発信元は、台湾の「地震預測(予測)研究所」のブログ。電磁波の波形をもとに世界各地の地震を予測しているようで、3月6日には「20日以内に日本でM7以上の大地震の可能性」と予測していた。

 これを俳優でレゲエ歌手の窪塚洋介が注目し、自身のツイッター上で「警戒している」などと書き込み、ネット上で拡散が始まったという。

 これだけではない。同研究所は4月9日には「3日以内に南日本か台湾でM6・3の地震が起きる」と発信し、19日には「3日内 日本福岡縣北九州市 M8+強震!」(3日以内に北九州市でM8の地震が起こる)と書き込んだ。

 電磁波を利用した地震予知は珍しくないが、熊本に近い「北九州市」という地名を出し、「M8」と断定するなど、あまりにも具体的な記述もあって衝撃が広がっている。

会員限定記事会員サービス詳細