熊本地震

本震含めて「熊本地震」 気象庁が明確化

 これまで気象庁は「一連の地震全体が熊本地震ではなく、最初(14日夜)のマグニチュード(M)6・5の地震に命名した」「熊本地震は最初の地震について命名しているが、その後の活動を代表して呼ぶことにしている」など、不明確な回答を繰り返していた。

 一方、気象庁はデータの精査を終え、熊本地方で16日午前1時46分に発生したM6・0の地震について、発生時間を午前1時45分、Mを5・9にそれぞれ修正した。