久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ

北朝鮮がドルに続いて人民元までも偽造 怒り心頭の中国は金正恩第1書記をまたもじわり締め付けるが…

平壌の錦繍山太陽宮殿広場で行われた金日成主席と金正日総書記に敬意を表し、金正恩第1書記に衷情を誓う朝鮮人民軍陸軍、海軍、航空・対空軍将兵らの礼式(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
平壌の錦繍山太陽宮殿広場で行われた金日成主席と金正日総書記に敬意を表し、金正恩第1書記に衷情を誓う朝鮮人民軍陸軍、海軍、航空・対空軍将兵らの礼式(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 国連制裁で包囲網が狭まるなか北朝鮮が偽札稼業を活発化させている。今月、昨秋に発行されたばかりの中国の新札(100元)の精巧な偽札が中国南西部でみつかった。北朝鮮の偽札は「スーパーノート」と呼ばれる米ドル札(100ドル)が知られるが、最近は中朝国境で中国元が大量に流通している。中国はメディアを使い、新しい偽札摘発を素早く公表、核ミサイルの挑発を繰り返す北朝鮮の金づるの取り締まりに容赦ない姿勢をみせている。(久保田るり子)

中国、摘発で金正恩氏に圧力か

 中国メディアによると、偽造の新札は上海の西南部、浙江省紹興市の銀行で発見された。これまで中国元の北朝鮮製偽札は、国境を往来する中朝貿易や訪中する北朝鮮住民を通じて持ち込まれ、中朝国境地域で大量に流通していた。ただ今回は中国南西部で見つかっており、どんな経緯で紹興市の銀行に入金されたかなどについては、中国は明らかにしていない。

 新しい中国元には最新の偽造防止技術が使われている。発見された偽札は極めて精巧に偽造されており、偽札鑑別機では判明しないレベルだったとされる。北朝鮮は中国の新札が出るとすぐに偽造に着手しており、台所事情の苦しさが改めて確認された格好だ。