収集癖と発表癖

アイドルに片思い… 40年超たっても治らないしつこい「青春ノイローゼ」

【収集癖と発表癖】アイドルに片思い… 40年超たっても治らないしつこい「青春ノイローゼ」
【収集癖と発表癖】アイドルに片思い… 40年超たっても治らないしつこい「青春ノイローゼ」
その他の写真を見る (1/5枚)

 自分で言うのも何だけど、僕の性格はとてもしつこい。一度、好きになったものはずっと好きでいられる。そりゃ中学生時代に比べりゃ気持ちの方は随分治まったけど、その頃たっぷり患った青春ノイローゼは未(いま)だ完治していない。それは単なるファンとアイドルの一方通行な恋だから、何も始まっちゃいないし何も終わってはいないのだ。

 僕が一生涯で一度だけ(この先も無いと確信してる)恋をしたアイドルの名は栗田ひろみ。知った’72年当時は東池袋に住む栗田裕美クンと、雑誌週刊プレイボーイのグラビアページ巻末にプロフィールが記されていた。

 彼女は今で言うグラドルの魁(さきがけ)であり、一般的なアイドルとは一線を画してた。そこがまた、昔っからサブカル精神を持つ者としては深く心に刺さったところだ。

 僕はいつか上京して、その東池袋という街で君と知り合い、そしてゆくゆくは結婚することまで夢見ていたくらいの重症。通学の定期入れに雑誌から切り取った彼女の写真を忍ばせ、友達に「つき合うてるコなんや」と見せては「おまえ、大丈夫か?」と心配されるまでDS(どーかしてた)。

会員限定記事会員サービス詳細