生きた甲虫とコンピューターの「ハイブリッドロボット」開発される

 生きている甲虫とコンピューターのハイブリッドロボットが開発された。行動を人が制御できるため、被災地での捜索などに役立つ可能性があるという。

生きている甲虫とコンピューターのハイブリッドロボットが、シンガポールの南洋理工大学などの研究チームによって開発された。脚の動きを人が完全に制御できるという。

ロボット化された昆虫は、今回の甲虫のほかにも、これまでに数多くの例がある。スズメガやゴキブリなどだ。しかしそうした昆虫では、歩く速度や歩調、歩き方を人が完全に制御できなかった。そうしたことができるロボットとしては、この甲虫ロボットが第1号になるという。