十段戦

井山、囲碁界初の七冠達成!《棋譜再現》

昼食休憩を終え対局を再開した井山裕太棋聖(左)と、伊田篤史十段
昼食休憩を終え対局を再開した井山裕太棋聖(左)と、伊田篤史十段

 伊田篤史十段に井山裕太棋聖(名人、本因坊、王座、天元、碁聖)が挑んだ産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第54期十段戦五番勝負」の第4局が20日、東京都千代田区の「日本棋院」で打たれ、午後5時21分、黒番の井山棋聖が163手中押し勝ちを果たした。この結果、対戦成績は井山棋聖の3勝1敗となり、4期ぶりの十段復位とともに、囲碁界初となる七大タイトル独占を達成した。第4局の残り時間は黒番の井山棋聖が2分、白番の伊田十段が1分(各3時間持ち)。

囲碁 ライブ中継中(Windows版のみ)手順のみ

囲碁 ライブ中継中(Windows版のみ)解説あり・金秀俊八段(SANKEI-EGG ver8.20以降)

会員限定記事会員サービス詳細