訪米から帰国の舛添都知事 地震直後パレード参加がまた物議? ネット「こんなときに」「福岡出身なのに…」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

訪米から帰国の舛添都知事 地震直後パレード参加がまた物議? ネット「こんなときに」「福岡出身なのに…」

舛添要一都知事
舛添要一都知事

 東京都の舛添要一知事が18日午後、米国訪問から帰国した。欧州出張に総額5000万円以上を投入し、「豪華大名旅行」と批判を浴びたばかりだが、今度は「熊本地震」直後の言動が注目されそうだ。(夕刊フジ

 米国訪問は12日に出発、ニューヨーク市とワシントン市を訪問し両市長と面会するなど、都市外交を展開した。

 そんな最中、熊本などで大地震が発生した。

 舛添氏は15日(現地時間)、「いろんな(救援)要請があれば、警察も消防もすぐに対応できるようにしている」と記者団に語った。建物の強度を調べる診断士2人を現地に派遣したという。

 翌16日(同)、舛添氏はワシントンで「全米桜祭り」のパレードに参加し、オープンカーに乗って笑顔を振りまいた。1912年に当時の東京市市長からワシントンに桜が贈られたことを記念した重要なイベントだ。

 ただ、ネット上では「こんな大変なときに」「舛添氏は福岡出身なのに…」などと指摘する声も出ている。