民進党が明日にも政府に震災提言、川内原発、「稼働停止」盛り込み検討

 民進党の江田憲司代表代行は18日の記者会見で、熊本地震に関する党の提言を19日にも政府に申し入れる考えを明らかにした。提言には国内で唯一稼働中の九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の対応について「周辺住民は不安に思っており、稼働停止という項目も入れるよう検討したい」と述べた。

 会見に先立ち開かれた党の熊本地震の災害対策本部では、川内原発の稼働停止のほか、激甚災害の指定や交通インフラの早期復旧などの意見が出た。党としてはこれを踏まえ、提言内容を詰める方針で、江田氏は「野党として政府対応の足らざる点を指摘し、必要な対応を提言したい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細