試乗インプレ

「もっと遠くへ」極上の快適さがドライバーの心を羽ばたかせる メルセデス・ベンツGLC(前編)

【試乗インプレ】「もっと遠くへ」極上の快適さがドライバーの心を羽ばたかせる メルセデス・ベンツGLC(前編)
【試乗インプレ】「もっと遠くへ」極上の快適さがドライバーの心を羽ばたかせる メルセデス・ベンツGLC(前編)
その他の写真を見る (1/5枚)

 最近人気の車種と言えば、国内では依然としてミニバン天下だけれど、世界的にはなんと言ってもSUVだ。市場のニーズに呼応して各メーカーが新型車種を次々と投入。選択の幅が広がっている。今年始まったばかりの「試乗インプレ」でも、すでにBMW・X1と三菱・アウトランダー、レクサス・RXの3車種を取り上げた。高級車ブランドとして広く認知されているメルセデス・ベンツ(以下、ベンツと表記)では、SUVのラインナップを拡充させており、主力モデルのA・C・E・Sクラスに呼応する形で、各クラスでSUVを揃えている。今回はその中で最も新しいモデルであり、先日日本でも販売が始まったばかりのGLCを取り上げる。(産経ニュース/SankeiBiz共同取材)

 GLCはエントリークラスセダン・ステーションワゴンのCクラスをベースに、背高ボディを設え、大型のタイヤを装備させたモデル。国産車ではちょうど前回取り上げたレクサスのRXと同等のサイズになる。エンジンは2リッター4気筒で、パワー、トルクともに、RXのガソリン車版である200tとほぼ同じであり、ベースグレードの価格差は100万円ほど開いているが、プレミアムブランドの中堅SUVという性格を考えれば、競合車種と言っていいだろう。

ザ・高級車

 今回の試乗も、渋滞路を含む市街地、高速道路、箱根芦ノ湖周辺の山坂道という、いつもの3パターンで試走してきた。

会員限定記事会員サービス詳細