石原慎太郎 日本よ

伝統が破壊されることで民族の本質だけは決して失いたくないものだとしみじみ思う…

 『東西美術論』で知られたアンドレ・マルロオは「日本人だけが瞬間の内に永遠を凍結出来る唯一の民族だ」といっていたがこうした民族的な特性は、原子物理学や電子工学といった緻密な分野での日本人が掲げてきた業績に繋(つな)がるに違いない。いや、それに限らずその他の工芸での緻密な仕上げぶりにも通じているし、日本料理の緻密で深い味わいにも繋がっているに違いない。

 そうした日本人たちが形成してきたこの国の比類の無い歴史に愛着していた亡き司馬遼太郎氏は、理想の日本人の資質の典型を本物の侍たちに認めていたがそのストイシズムに裏打ちされていた高潔さは今では刻一刻失われつつあるような気がしてならない。

会員限定記事会員サービス詳細