熊本地震

菅官房長官の臨時記者会見詳報(16日午後7時半ごろ) 「物資調達班」を設置  3日分90万食の供給準備進める

 「電力は約10万戸で停電、ガスは約10万5千戸で供給停止、水道は約42万戸で断水となっている。引き続き速やかな復旧に取り組むとともに、特に水については給水車を手配するなどの措置を講じているところだ。また、原発の状況については原子力規制庁から引き続き異常はないとの報告を受けている」

 「この事態に政府の総力を結集して取り組むため、先ほど、安倍晋三首相出席の下に第6回非常災害対策本部を開催した。首相から改めて雨風が強くなる中、夜間の救命救出活動は極めて困難なものになるが、引き続き人命第一で全力を尽くすこと。生活必需品の提供に万全を期すことはもとより、高齢者や乳幼児等配慮が配慮が必要になる方々にも十分に目を配りながら、きめ細かな支援を徹底すること。避難の長期化も予想される中で、住環境の確保なども含め関係機関一体となって、被災者の支援策に万全を期すこと。この3点について指示があった」

会員限定記事会員サービス詳細