熊本地震

「災害ボランティア控えて」全社協が呼びかけ 新たな被害を警戒

 全国社会福祉協議会(全社協)は16日、同日未明に発生した地震の影響で家屋倒壊など新たな被害が出ていることから、現時点でのボランティア活動は控えるよう呼びかけた。熊本市社会福祉協議会も、災害ボランティアセンターを16日に開設予定だったが、延期した。

 全社協は「現地では倒壊した家屋に取り残された住民の人命救助が行われており、緊急支援車両の道路確保が重要となっている」と強調。「ご自身の身の安全や被災地の救命活動を最優先にお考えいただき、現時点でのボランティア活動は控えていただくことを、強くお勧めします」と呼びかけた。

警察官4600人、自衛官1万5千人態勢で救出活動

韓国南部でも揺れ「大丈夫か」 朝鮮出兵の「熊本城が崩れた」高い関心

会員限定記事会員サービス詳細