熊本地震

安倍首相「助けを待つ人がいる。夜間救出、困難だが全力を」 自衛隊2万5千人に増派

非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相=16日午後、首相官邸(春名中撮影)
非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相=16日午後、首相官邸(春名中撮影)

 政府は16日、熊本県で同日未明から続く地震による被害拡大を踏まえ、救命救助や復旧活動に当たる自衛隊や警察、消防の派遣要員を拡充することを決めた。安倍晋三首相は非常災害対策本部会議を断続的に開き、現地の天候悪化を踏まえ「夜間の救命、救出活動は極めて困難になるが、助けを待っている方々がいる。引き続き人命第一で全力を尽くしてほしい」と救命救助に万全を期すように指示した。

 首相は同日夜の会議で、水や食料、毛布などの生活必需品の提供▽高齢者や乳幼児らにも目配りしたきめ細かな支援の徹底▽避難の長期化を想定した住環境の確保-などを挙げ、関係機関が一体となって被災者支援に取り組むよう求めた。

 自衛隊は、陸上自衛隊西部方面総監を指揮官とする陸海空の統合任務部隊(JTF)を編成し、16日中に派遣部隊を1万5千人に、17日以降に2万5千人の態勢に大幅増強する。現在1800人規模の警察の派遣隊は約3千人に、消防は消防団員を含め約1万人態勢に拡充する。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は16日夜の記者会見で、非常災害対策本部の下に関係省庁で構成する「物資調達班」を設置し、被災者数に応じた3日分の食料90万食を供給する準備を進めていると表明した。米軍による災害支援の受け入れは「調整中」とした。九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)など周辺の原発については「原子力規制庁から異常はないと報告を受けている」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細