菅官房長官「野党要求に応えて1700ページの膨大な資料を提出している」 TPP審議再開

会見する菅義偉官房長官=13日、首相官邸(斎藤良雄撮影)
会見する菅義偉官房長官=13日、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で、衆院環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会の審議が再開される見通しになったことについて「審議を正常化する努力が続けられた中、正常化したのであれば、よかったと思う」と述べた。

 菅氏はTPP協定の承認案と関連法案について、「十分に審議していただいた上で、今国会で承認していただき、法案を成立させていただきたい」と説明。その上で「このために政府はすべての協定文の公開はもちろん、野党の要求に応えて1700ページにおよぶ膨大な資料を提出して国会が円滑に進むよう努めてきている」と強調した。「正々堂々と議論を行っていただくことが極めて重要だ」とも指摘した。

会員限定記事会員サービス詳細