【衆院北海道5区補選】「政党色出さないはずなのに…」 ついつい露呈し、候補陣営から注意された政党とは - 産経ニュース

メインコンテンツ

衆院北海道5区補選

「政党色出さないはずなのに…」 ついつい露呈し、候補陣営から注意された政党とは

衆院北海道5区補選で野党が推薦する候補に「日本共産党」のロゴ入りメガホンで声援を送る支援者ら=12日午後、札幌市厚別区(清宮真一撮影)
衆院北海道5区補選で野党が推薦する候補に「日本共産党」のロゴ入りメガホンで声援を送る支援者ら=12日午後、札幌市厚別区(清宮真一撮影)

 衆院北海道5区補欠選挙(24日投開票)が告示された12日、野党統一候補の無所属新人、池田真紀氏(43)は街頭演説で「市民による政治」をアピールした。民進党幹部らが地元入りを見送り政党隠しに努めたにもかかわらず、共産党は政党ロゴが入ったメガホンで池田氏に声援を送る相変わらずの「前のめり」ぶりで、序盤から足並みの乱れを露呈した。

 池田氏の選挙対策関係者は今回の補選を「安倍政権と市民の戦いという構図にしたい」と話す。

 野党幹部が地元入りを控えるのは、無所属を前面に打ち出して「野合」批判をかわし、無党派層に浸透したい思惑があるためだ。

 だがこの日、JR新札幌駅前(札幌市厚別区)の演説では、「日本共産党」の赤字ロゴが入った黄色のメガホンを手に盛り上げる聴衆の姿が目立った。

 共産党は昨年11月の府知事、市長の大阪ダブル選でも自民党推薦候補を自主支援したが、共産党を忌避する自民党支持層を政治団体「大阪維新の会」に取り込まれ、完敗した過去がある。

 池田氏陣営の関係者は「政党色は出さない約束で臨んだはずなのに…。共産党には『次から注意してください』とクギを刺した」とばつが悪そうに話した。