公明・山口代表、審議拒否の野党を批判「全く理不尽、国会審議のサボタージュ」 

 公明党の山口那津男代表は12日の記者会見で、衆院環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会を審議拒否している民進党などの対応について「合理的な理由がないように思う」との見方を示した。この影響で他の委員会の開催が見送られたことにも言及し、「全く理不尽なことだ。いわば国会審議のサボタージュと映っているのではないか」と批判した。