試乗インプレ

上品、そして豪快! レクサス「RX」は走りを楽しめる高級SUV

【試乗インプレ】上品、そして豪快! レクサス「RX」は走りを楽しめる高級SUV
【試乗インプレ】上品、そして豪快! レクサス「RX」は走りを楽しめる高級SUV
その他の写真を見る (1/10枚)

 トヨタ自動車の高級車ブランド、レクサスが昨年10月に4代目「RX」を発売した。これまで日本市場においてレクサス唯一のスポーツ用多目的車(SUV)だったが、その後「NX」「LX」も導入してラインアップを拡大。今では SUV3兄弟を形成している。今回、新型RXのハイブリッド車を試乗する機会を得たので、その様子を豊富な写真とともにお届けする。(産経ニュース/SankeiBiz共同取材)

ラグジュアリーSUVの代名詞

 RXは「高級クロスオーバーSUV」の先駆けで、もはやラグジュアリーSUVの代名詞ともいえるモデル。約7年ぶりのフルモデルチェンジとなった4代目は、発売から1カ月で月販目標の18倍となる9000台を受注するなど、はやくも大ヒット商品となっている。

 日本でのラインアップは、ダウンサイジングターボエンジンを搭載したガソリン車の「200t」と、3.5リットルV型6気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車「450h」の2車種。今回試乗したのは「450h」の上級モデルバージョンLだ。

 クルマを受け取り、カーナビに目的地を入力して発進する。これまでにも何度かレクサスを運転してきたので、その完璧な静粛性にはいまさら驚かない。静かで落ち着いた車内が、さっそく自分だけのプライベートな空間となる。走行中にハンドルから伝わる感触、スイッチ類の節度感、ダッシュボードを覆うステッチ入りのレザーなど、全体の質感にはかなり満足できる。高級家具に囲まれた部屋でくつろいでいるようなリッチな雰囲気があるのだ。

会員限定記事会員サービス詳細