菅官房長官「日米安保破棄の共産党と民進党が国民の安全守れるのか」 衆院北海道5区補選応援で

会見する菅義偉官房長官=1日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)
会見する菅義偉官房長官=1日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 菅義偉官房長官は10日、札幌市内などで街頭演説し、民進党と共産党が統一候補擁立など共闘を進めていることに対し、「北朝鮮は今年に入り核実験を行った。弾道ミサイルを日本上空に発射し、短距離ミサイルを何発も何発も日本海へ打ち込んでいる」と指摘。その上で「共産党の綱領は日米安全保障条約の破棄、自衛隊解散だ。こうした政党が民進党といっしょになり、国民の安心安全を守ることができるのか」と野党側の動きを牽制(けんせい)した。「政権の仕事は国民の生命と平和な暮らしを守ることだ」とも強調した。

会員限定記事会員サービス詳細