今度は子牛が脱走し、一時行方不明に 「昨日来たばっかりだったのに…」滋賀・甲賀市の牧場から山中へ

子牛が逃げ出した、甲賀市信楽町宮町の山間部にある「信楽高原ビーフ牧場」
子牛が逃げ出した、甲賀市信楽町宮町の山間部にある「信楽高原ビーフ牧場」

 10日午前9時ごろ、滋賀県甲賀市信楽町宮町の「信楽高原ビーフ牧場」で、牛舎から雄の子牛(約100キロ)が脱走した。滋賀県警甲賀署と同牧場が子牛を捜していたが、同日午後3時40分ごろ、牛舎の近くで発見され、無事保護された。

 同署によると、午前9時ごろに職員2人が牛舎で餌をやっている際、柵から出ている子牛を発見。子牛はそのまま近くの山中に逃げ出し、行方不明になった。

 同署と従業員4人が捜索していたが、同署員が牧場に立ち寄ったところ、子牛が牛舎の付近にいるのを発見。耳につけていた識別用のタグで逃げ出した子牛と確認された。

 子牛は今年2月生まれで、全身が黒色、体重は約100キロ。同牧場は「子牛は昨日この牧場に来たばかり。放牧地で自由に飼われていたので逃げてしまったのかも」と話していた。

 牛舎は付近の民家から直線距離で約5キロ離れている。

 3月下旬には、愛知県瀬戸市の乗馬クラブから飼育しているシマウマ1頭が逃げ出し、騒ぎになった。

会員限定記事会員サービス詳細