「イムジン河」50年目の真実(4)

原曲と「3カ所の違い」

【「イムジン河」50年目の真実(4)】原曲と「3カ所の違い」
【「イムジン河」50年目の真実(4)】原曲と「3カ所の違い」
その他の写真を見る (1/2枚)

 「イムジン河(がわ)」「イムジン江(ガン)」「リムジン江」。3つのタイトルを持つ歌。

 日本で活躍するアーティストだけでも、ザ・フォーク・クルセダーズ(フォークル)、ザ・フォーシュリーク、イルカ、都はるみ、キム・ヨンジャ、田月仙(チョン・ウォルソン)、新井英一、朴保(パク・ポー)…フォーク・ニューミュージック、演歌、クラシック、ブルースなど、幅広いジャンルで歌い継がれてきた。

 歌詞も、多くの人がそれぞれの思いを込めて書いている。フォークルのメンバーに提供した松山猛は「同世代の若者に『今世界で起きていること』を伝えたかった」。作詞家の吉岡治は「ボクに国は関係ない。故郷を想(おも)う歌にしたかったんだ」とキム・ヨンジャに伝えた。在日コリアンの新井は「この歌はボクたちの希望だ」と話す。

会員限定記事会員サービス詳細