近大マグロに続け! 「肉厚でおいしい」大阪湾のアナゴ、新ブランドへ 近大がノウハウ提供、大阪・泉南市と地元漁協が挑戦

近大マグロに続け! 「肉厚でおいしい」大阪湾のアナゴ、新ブランドへ 近大がノウハウ提供、大阪・泉南市と地元漁協が挑戦
近大マグロに続け! 「肉厚でおいしい」大阪湾のアナゴ、新ブランドへ 近大がノウハウ提供、大阪・泉南市と地元漁協が挑戦
その他の写真を見る (1/2枚)

 大阪湾のアナゴ漁で知られる大阪府泉南市と地元の岡田浦漁協が、稚魚から成魚にするアナゴの養殖を始めた。同市のアナゴの漁獲量は府内で最も多いが、年々減少。世界初のクロマグロの完全養殖に成功した近畿大水産研究所がアナゴ養殖のノウハウを提供する。近大が養殖し成魚となったアナゴの試食会では、「肉厚でおいしい」と市民らの評判に。関係者は養殖アナゴを泉南市の新たなブランドに育てたいと意気込んでいる。(中井美樹)

 同市のアナゴの漁獲量は平成16年には140トンあったが、25年には8割減以上の25トンにまで減少。サイズも小ぶりになっているという。市などによると、原因として乱獲や、エサが減っていることなどが考えられるが、はっきりとはわかっていない。漁をしても採算が合わず、アナゴ漁をやめる漁師も少なくないという。

 こうした中、市の名物であるアナゴの生産高を増やそうと、市がプロジェクトを発案。近大水産研究所の協力を取り付けた。同研究所はマグロ養殖で世界的な成果を出す一方で、16年からアナゴ養殖の研究に着手。アナゴは生態が詳しく分かっておらず、養殖技術は確立されていないが、同研究所は稚魚から成魚に育てることに成功。人工孵(ふ)化(か)には至っていないものの、注目を集めている。

会員限定記事会員サービス詳細