パナ、インドでリチウムイオン電池工場新設へ 9月稼働

パナ、インドでリチウムイオン電池工場新設へ 9月稼働
パナ、インドでリチウムイオン電池工場新設へ 9月稼働
その他の写真を見る (1/2枚)

 パナソニックは5日、インドに産業用のリチウムイオン電池の組立工場を新設する方針を明らかにした。電力不足による停電が頻発するインドでは電気をためておける蓄電池の需要が高まっている。これまでは日本から製品を出荷していたが、現地での組み立てに切り替えることで、顧客の要望に素早く対応できるようにして生産効率も高める。

 工場はインド北部ハリヤナ州ジャジャールにある生産拠点「パナソニックテクノパーク」内に建設し、今年9月から稼働を開始。部材は日本から調達する。初年度の生産能力は年間2万台で、需要動向に応じて増やす計画だ。

 パナソニックは現在、インドでATM(現金自動預払機)や携帯電話の基地局向けに、停電時に備えて電気をためるリチウムイオン電池を供給している。インド政府が不足する電力を補うために太陽光発電など再生可能エネルギーの導入を目指しており、出力変動を抑える蓄電システムの需要も拡大すると判断。工場新設に乗り出すことにした。

 パナソニックのインド子会社のマニッシュ・シャルマ社長は産経新聞のインタビューに応じ、「インドで電池を組み立てれば、スピード感をもって顧客に届けられる。効率性も高まり、顧客に応じた商品展開も可能になる」と説明した。

 また、シャルマ社長はスマートフォンの商品充実を通じ、2018年度にはインドでの市場シェアを現在の2・5~3%から、10%に引き上げる考えを表明。監視カメラなどのセキュリティー事業の強化も図り、「18年度のインド事業の売上高を15年度見込みの14億ドル(約1545億円)から倍増し、30億ドルにする」と述べた。そのうえで、「蓄電システムを含むエネルギー事業で、うち10億ドル程度を稼ぐ」との見通しを示した。