「妻としておわび」「子供守りたい」…不倫辞職の宮崎謙介前議員の妻、自民・金子恵美氏が国会内で謝罪、離婚は明言避ける(2/4ページ) - 産経ニュース

速報

速報

浜田尚里が金メダル 柔道女子78キロ級

メインコンテンツ

「妻としておわび」「子供守りたい」…不倫辞職の宮崎謙介前議員の妻、自民・金子恵美氏が国会内で謝罪、離婚は明言避ける

 「そうですね。制度としての男性の育児休業の重要性、必要性とこのたびの事件とは関係がないと思っていますので、制度としての男性の育児休業が普及することが後退しなければいいなとは切に願っています。それとともに、男性の育児休業のみならず、すべてのあらゆる子育支援ですとか、私もその同じ立場になりますから、働く女性の両立支援。こういったことは制度として、さらに充実させていけるように。今度は私の立場でですね、しっかりと取り組んでいきたいと考えています」

 --宮崎氏の辞職に伴い、衆院京都3区で補欠選挙が行われるなど、国政にも大きな影響を与えた。妻としての受け止めは

 「冒頭にも申し上げましたけれども、党をはじめですね、地元京都の皆様、すべての皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを、私からも深くおわび申し上げたいと思います」

 --最近の宮崎氏の様子は

 「私から申し上げるべきではないと思う。一般の人になりましたので、申し上げるべきでないと思います。私自身は、今は新たに誕生した生命に対して、責任を親として果たしていくとともにですね、先ほども申し上げたとおり、政務に精いっぱいこれまで以上に励んでいくことが、今私自身できることだと思います」

 --今後の政治活動は。地元への説明は