給付型奨学金の創設要請、自民が提言 - 産経ニュース

メインコンテンツ

給付型奨学金の創設要請、自民が提言

安倍晋三首相(中央右)に提言書を手渡す自民党教育再生実行本部の渡海紀三朗本部長(同左)=4日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)
安倍晋三首相(中央右)に提言書を手渡す自民党教育再生実行本部の渡海紀三朗本部長(同左)=4日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 自民党の教育再生実行本部(渡海紀三朗本部長)は4日、安倍晋三政権が掲げる1億総活躍社会の実現に向けて、給付型奨学金の創設を盛り込んだ第6次提言を首相に提出した。首相は給付型奨学金の創設について「いろんな手立てを考えている」と述べた。

 提言で創設を求めた給付型奨学金は大学生らが対象。返済義務のない奨学金を充実させることで、貧困家庭からの大学などへの進学の道を閉ざさず、経済的理由による教育格差が生じないようにするのが狙い。

 また提言には、私立学校の耐震化や公立学校のトイレ環境の改善、校舎のバリアフリー化の支援なども要請。教員の仕事の効率を高めて子供と向き合う時間を確保するためのICTの活用推進や、そのための無線LANなどの環境整備、事務作業の効率化を図るシステムの導入も求めた。