試乗インプレ

「昔の名前」で復活!スズキ・アルト ワークスは世界一使える本格スポーツカーだった

【試乗インプレ】「昔の名前」で復活!スズキ・アルト ワークスは世界一使える本格スポーツカーだった
【試乗インプレ】「昔の名前」で復活!スズキ・アルト ワークスは世界一使える本格スポーツカーだった
その他の写真を見る (1/31枚)

 2013年の東京モーターショーでスズキの鈴木修会長が「軽は貧乏人のクルマ。スポーツカーはいらない」と発言してから2年余、「いらない」と言っていたスポーツカーが堂々発売された。しかもバブル期に一世を風靡した「昔の名前」で約15年ぶりの復活。そう、今回は皆様お待ちかね(ですよね?)のアルト ワークスを取り上げる。スズキはこのクルマを明確に「スポーツカー」とは呼んでいないが、専用設計の5速マニュアルシフト、圧倒的な加速、標準装備されたレカロシートなど、私から見ればスポーツカー以外の何物でもない。その実態に迫った。(産経ニュース/SankeiBiz共同取材)

下位グレードより地味 悪目立ちしないのがオトナの証拠?

 全体のシルエットは標準グレードのアルトとほとんど変わらない。ルーフスポイラーとボディ下部のスカート類も小ぶりで、言われなければ気が付かないくらいに、スポーツモデルとしては主張が控えめ。プロジェクター式のヘッドライトも、先行発売されたスポーツグレードのターボRSと同じもので、ワークス専用と言えるのは前後の「WORKS」銘バッヂとサイドデカールくらい。赤を基調に加飾されたターボRSよりも地味なくらいだが、むしろこの程度の加飾のほうが、普段使いでも気恥ずかしくなく乗れるのが、いい年したオッサンには嬉しかったりする。

 最近は、乗用車として軽を検討するユーザーの多くが、ワゴンRのような背高ワゴンタイプの車種を選んでいる。アルトのような昔ながらの背の低い車種(と言っても1980年代の初代ワークスの頃と比べると10センチもアップ)は、車両価格の安さから、4ナンバー登録の商用車としてのニーズのほうが主力。そう考えると、最低限「商用車っぽく」は見えない加飾が施されていることに気付く。前々回取り上げたスバル・レヴォーグのようなステーションワゴンでもそうだが、大枚はたいて購入するユーザーにとっては、せっかくの愛車が「お仕事グルマ」に見えてしまっては悲しい。ここんとこ結構大事である。

 全長と横幅は軽の規格内の最大サイズ、高さは150センチと、背高ワゴンタイプと比べると概ね15センチくらい低い。天井の低さは当然室内の広さに影響するが、逆にほとんどの立体駐車場に入れられるのはメリット。小型車でいうとちょうどトヨタのヴィッツと同じだが、横幅が短いせいもあって、もっと背が高く見える。

会員限定記事会員サービス詳細