「これ以上の適任いない」と松江市 小泉八雲記念館長にハーンの曽孫が就任

小泉八雲記念館長に就任した小泉凡氏
小泉八雲記念館長に就任した小泉凡氏

 明治時代の文人・小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)を顕彰する「小泉八雲記念館」(松江市)の館長として、八雲の曽孫に当たる小泉凡・島根県立大短大部教授(民俗学)が1日、就任した。非常勤の特別職で任期は2年間。

 同館は、昭和9年に有志からの寄贈を受けて市が開設。現在改築中で、今年7月に再オープンするのに合わせて館長ポストを新設し、同館顧問だった小泉氏に就任を要請した。

 「八雲に関する知識が豊富で思い入れも人一倍。つながりも強く、これ以上の適任はいない」と市。松浦正敬市長から委嘱状を受け取った小泉氏は「展示資料の全解説に英語を併記するなどインバウンドを見すえて八雲を全世界に発信するとともに、施設を学校教育にも活用してほしい」と意欲を語った。

会員限定記事会員サービス詳細