高市総務相が「0円端末」の現状報告求める 大手携帯キャリアに

 高市早苗総務相は1日の閣議後記者会見で、同日から適用されるスマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(指針)に関連して、同日付でNTTドコモなど携帯大手各社に対して現在の端末購入補助の状況について報告を求める考えを明らかにした。

 高市総務相も「行き過ぎだ」と指摘する「実質0円」でのスマホ販売は、2月に入って姿を消していたが、3月末には複数の店頭で復活しており、総務省はこうした状況を問題視して、各社に報告を求めることを決めたとみられる。

 高市総務相は「指針に沿って端末販売の適正化に取り組むとともに、長期利用者らより多くの利用者がメリットを実感できるように、引き続き、料金プランの見直しを進めていただきたい」と4月以降の各社の取組みに期待を示した。 

会員限定記事会員サービス詳細