民進がTPP特命チーム 交渉経過を検証

 民進党は31日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐる交渉経過を調べる特命チームを設置した。政府が日米間の閣僚協議記録を作成していなかったことを踏まえ、情報開示を求めていく方針だ。座長には玉木雄一郎国対副委員長が就任した。

 安住淳国対委員長は記者会見で「TPPは国民の生活を直撃する。交渉経過の解明は不可欠だ」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細