菅官房長官「深刻な懸念」 南シナ海での中国の対艦ミサイル展開

 菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で、中国軍が南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島に対艦ミサイルを展開したとの一部報道について、「改めて深刻な懸念を表明したい」と述べた。

 菅氏は「これまで再三再四述べてきているように、中国による南シナ海での大規模で急速な埋め立て、拠点構築、その軍事目的の利用など一方的に現状を変更し、緊張を高める行為は、国際社会共通の懸念事項だ」と指摘。その上で「こうした行為の既成事実化は絶対に認められない」と改めて強調した。