「大阪系が抜け、民主党との親和性高まった」 民進党の江田憲司氏が憲法や安保で脱大阪化を強調 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「大阪系が抜け、民主党との親和性高まった」 民進党の江田憲司氏が憲法や安保で脱大阪化を強調

民進党の看板をかけ、記念撮影に応じる岡田克也代表(左)と江田憲司代表代行=28日午前、国会内(斎藤良雄撮影)
民進党の看板をかけ、記念撮影に応じる岡田克也代表(左)と江田憲司代表代行=28日午前、国会内(斎藤良雄撮影)

 民主党と維新の党が立ち上げた民進党の江田憲司代表代行は28日の記者会見で、憲法改正について「国政の色々な課題の中のムチャクチャ優先順位が低い課題だ」と持論を展開した。

 維新で代表などを務めた江田氏は「『憲法改正について維新と民主でスタンスが違うのではないか』といわれるが、(維新とたもとを分かった改憲に熱心な)大阪系が一緒にいたときの話でしょ」と強調。その上で「維新の党は(大阪系の)メンバーが抜けたことで、より民主党と親和性が高まった」と説明した。

 維新時代に個別的自衛権か集団的自衛権かで大阪系と議論になった安全保障関連法の対案に関しては「橋下徹氏と別れてから私は個別的自衛権の範囲内に収める派だ。集団的自衛権はまかりならんという立場だ」と明言した。