速報

速報

国内感染者が過去最多 新型コロナ「第6波」

浪速風

民進党こそ「超変革」が必要だ

結党大会で「がんばろう」三唱する岡田克也代表、江田憲司代表代行、山尾志桜里政調会長ら党幹部=27日、東京都港区高輪の品川プリンスホテル
結党大会で「がんばろう」三唱する岡田克也代表、江田憲司代表代行、山尾志桜里政調会長ら党幹部=27日、東京都港区高輪の品川プリンスホテル

プロ野球が開幕した。阪神は金本知憲新監督が掲げる「超変革」のスローガン通り、ルーキーの高山俊外野手ら新戦力がはつらつとプレーしている。野球賭博などで揺れた巨人は高橋由伸新監督の下、「一新」で3連勝した。ともに快調な滑り出しである。では、こちらの船出はどうか。

▶昨日、結党大会を開いた民進党である。代表はそのままで、人事で目新しいのは山尾志桜里政調会長ぐらいだ。「自由」「共生」「未来への責任」を理念とし、「生活者」「納税者」「消費者」「働く者」の立場に立つという。新鮮味を感じないが、あえて言うまい。知りたいのは、どう実現するかである。

▶例えば「日米同盟を深化させ」とうたうが、安保関連法の廃止法案を国会に提出したのはどう説明するのか。「アジアや太平洋地域との共生を実現する」も中国や韓国、北朝鮮との現状を見るに、容易ではない。きれい事の羅列では、スタンドは満員にならないし、歓声もわかない。