民進党結党大会

連合・神津会長「国民の信頼得て二大政党の一翼に」「人気取りで魂失う…ならぬこと」

 連合の神津里季生会長は27日、都内で開かれた民進党の結党大会に来賓として出席し、「民進党が安倍晋三政権への対抗軸を明確に打ち出し、働く者や生活者に安心と希望を抱かせるような理念、政策を示すことが求められている」と述べた。発言の詳細は次の通り。

 「私はこれまで自民党だけが強いという1強政治からの脱却を行える多くの国民の声を受け止める受け皿づくりを進めるべきだと申し上げてきた。本日はこうした取り組みの一つの大きな成果が形を表したものと認識している。今後は国民の信頼を得て二大政党的体制の一翼を担えることのできる政党となるよう、さらなる取り組みをお願いしたい」

 「一方、建設的な意見を一言申し上げたい。民主党が政権を下野して以降、世間の逆風の中で必死に頑張ってきた党員・サポーターの方々の理解が果たして現時点でどのようなものになっているか。甘い思い込みで判断されることなく、今後、十分に丁寧に対応してもらうことが不可欠だ。万が一にもこれまでの確固たる支援者の理解が進まないとなれば、国民各層から理解を得るというのは夢のまた夢だ」

会員限定記事会員サービス詳細