原発事故5年

「津波で東電のおごりや過信は木っ端みじんに流された」東電・広瀬社長は黙祷後にこう漏らしたが…

 その半面、「デブリ(溶け落ちた燃料)や使用済み燃料を取り出すという、大きな作業が残っている。敷地の外でも、賠償や除染はまだまだ続く。住民のふるさとへの帰還も進んでいない。まだまだ私たちには、やらなければならないことがある」と、道半ばの現状を強調した。

 印象的だったのは、福島の事故の「風化」について言及した場面だ。

 「5年の月日がたって風化していくのではないか、ということが言われているが、私たちが福島の責任を忘れることは決してない。どれだけ月日がたっても、それぞれが、どんな所属になっても、どんな仕事をしていても、決して忘れない。東京電力にあって、福島の風化はありえないことだ」

「いまも東電が憎い」視線受け止め

 黙とうの場には、東電復興本社代表の石崎芳行氏の姿もあった。

 福島復興本社は、原発事故の2年後に賠償や除染、復興支援活動の拠点として東電が設置、3月7日に間借りしていたJヴィレッジ(福島県楢葉町)から、同県富岡町の避難指示区域内に移転した。「地元密着」を進め、住民との交流や被災者の立場に立った支援を進めるためという。