フジテレビがゲーム事業を分社化して本格展開へ 持ち株会社傘下で100億円事業めざす

 フジテレビは25日、ゲーム事業新会社「フジゲームス」の設立記者会見をフジテレビ社内で開催した。新会社の種田慶郎社長は「外部のゲーム会社などと協力して物語やキャラクターを創出し、グループのメリットを生かして、アニメや映画などのマルチ展開も中長期的に取り組みたい」と今後の方針を発表。平成31年度に売上高100億円、営業利益25億円を目指す考えを明らかにした。

 フジゲームスは、フジテレビがゲーム事業を分社化して4月1日に設立する100%子会社で、5月にフジ・メディア・ホールディングス(HD)にフジゲームス株を譲渡する予定。フジテレビの大多亮常務は「これまでゲームに近いようで遠かったが、ヒット作も生まれ、機が熟したと判断してゲーム会社を設立することにした」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細