南海電鉄、伝説の観光案内図を廃棄…幻の鉄道路線図も描かれていたのに

 汐見橋駅は明治33(1900)年に高野鉄道のターミナル駅、道頓堀駅として開業。後に現在の駅名に改称された。大正14年に高野線が難波駅に乗り入れるようになると、高野線の支線(通称・汐見橋線)の終着駅になった。

 現在は30分間隔で2両編成の電車が発着する大都会のローカル駅として知られ、昭和レトロの雰囲気を残す駅舎とともに、色あせた案内図も鉄道ファンを中心に人気を集めていた。

会員限定記事会員サービス詳細