ベルギー同時テロ

イスラム国が公式に犯行声明 日本人2人も重軽傷、逃走した1人追う

 【ブリュッセル=宮下日出男】ベルギーの首都ブリュッセルの地下鉄と国際空港で計34人が死亡した同時テロで、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)は22日、「カリフ(預言者ムハンマドの後継者)の戦士」によるテロなどとネット上に公式の犯行声明を出した。また、岸田文雄外相は23日、テロで日本人2人が重軽傷を負ったことを明らかにした。

 ISは犯行声明でテロの実行犯らは正確に空港や地下鉄を標的にしたと指摘した上、「侵略の代償として十字軍連合は暗黒の日々を迎える」とし、IS掃討を目指す欧米諸国に対して警告した。

 岸田外相によると、テロで重傷を負ったのは30代の日本人男性で、別の日本人男性が軽傷を負った。在ベルギー日本大使館によると、負傷した日本人はいずれも地下鉄で爆発に巻き込まれた。

会員限定記事会員サービス詳細