世界のテニス界が炎上している。女子蔑視発言 容姿に皮肉も(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

世界のテニス界が炎上している。女子蔑視発言 容姿に皮肉も

 米国カリフォルニア州インディアンウェルズで20日まで開かれていた国際テニス大会、BNPパリバ・オープンで、大会主催者の女性蔑視とも取れる発言が男女のスター選手をも巻き込んだ騒動に発展している。主催者は「いまのプロテニス界は男子選手で持っている」などと発言、さらには個別の選手の容姿にまで言及して、女子選手らの怒りを買った。このため、主催者は謝罪に追い込まれ、事態は収束に向かうかに見えた。しかし、今度は男子選手が「賞金は男女半々ではなく男性選手の方が多くもらうべきだ」と発言。騒ぎは再燃した格好だ。(SANKEI EXPRESS)

 21日付英BBC放送や英紙デーリー・メール(いずれも電子版)などによると、きっかけとなったのは、20日午前、決勝前の記者会見で、大会主催者で会場のインディアンウェルズテニスガーデン最高経営責任者(CEO)のレイモンド・ムーア氏(69)が発した言葉だった。

 「女子テニス協会(WTA)は男子(選手)の威光を傘に着ている。もし私が女子選手だったら毎晩、ひざまずき(男子プロテニス界のビッグ4のうちの2人である)スイスのロジャー・フェデラー選手(34)と、スペインのラファエル・ナダル選手(29)が生まれてきてくれたことに感謝するよ。なぜなら彼らがテニスというスポーツを支えているからね」