全日空システム障害

欠航で新幹線振り替え案内に搭乗客ら悲鳴 「大事な商談あるのに…」

 関西国際空港第1ターミナル2階の全日空のチェックインカウンター前では22日午前、同社のスタッフが搭乗客らにシステム不具合が起きていることを口頭で案内。手動でチェックイン作業を行っていたが、午前10時半ごろ、午前11時10分発の羽田行きの欠航が決定し、新幹線への振り替えがアナウンスされると、待機していた客らは「ええっ」と声を上げて慌てた様子でスタッフらに説明を求めた。

 大阪府忠岡町の男性会社員(29)は出張で、午後1時に東京都内で人と会う予定だったといい「もう無理ですねと」とがっくり。「遅れてでも行くかどうかこれから考えます」と声を落としていた。

 羽田と成田を経由してマレーシアに出張予定という京都府長岡京市の男性会社員(29)は「大事な商談が待っている。無事に成田からの便に乗れるか心配」と気が気でない様子。別の男性会社員は「午後2時に東京の築地だけどもう間に合わないよっ」と声を荒らげ、タクシー乗り場へと走っていた。